百貨店で行列ができる「淡麗系」甘酒 三崎屋醸造のあまざけ

新潟県の三崎屋醸造は味噌の醸造蔵で、全国的な知名度こそありません。
この甘酒の特徴は「淡麗系」の甘酒です。


あっさりした飲み口で、これが甘酒かというほどさっぱりした味です。
そのため男性ファンからの支持も厚く、「他の甘酒は飲めないが、これは飲める!」という声も上がるほど。

かつて都内の百貨店では、この甘酒を購入するために行列が出きたとのことです。
米の粒ははっきりしていますが、不思議と口に残らず口の中に消えていきます。
名水百選に選ばれた栃尾地区の水は、軟水で水質が非常に良いので、これほどの飲みやすさを出せるのでしょう。

淡麗な味わいなので、酸味との相性も良く、レモンなど柑橘系の果物を絞って飲むと、夏バテ予防には最適ですね。
瓶製品でしか発売されていないので、重いことと処理がネックになるかもしれません。

甘酒王子の辛口評価
(5.0)
成分
(4.5)
価格
(3.0)
総合評価
(4.0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です