朝麹を飲んでみた

新潟の超老舗 吉乃川


メーカーの吉乃川さんは戦国時代に創業したという伝統ある酒蔵です。
この土地は非常に良い水がわいており、昔は天皇直轄の地とされた有名な場所です。
朝麹のラベルにも創業470年の文字が入っています。
信長、秀吉の時代からお酒を造り続けてる会社ってすごいですよね。

信濃川の伏流水は、ミネラルをバランスよく含む軟水です。
この水で造ると飲み飽きしない、さらりとした品質になると言われています。

朝の目覚めにというコンセプト

メーカーさんのサイトでは「すっきりした甘さ、さらさらの飲み心地」と書いてありますが、私はそうは思いませんでした。

味は割と甘味が強い印象です。
麹の粒は残留していません。
粒をすべて溶かしているのでしょう。
その分、濃度が濃く「飲むヨーグルト」のような印象を受けました。
あえて表現するなら
「味わいがしっかり残る甘さ、とろ~んとした飲み心地」
という印象です。

甘酒独特の麹の香りは全くしないため、飲みなれていない方や苦手な方でも飲めます。

原材料は米麹だけで、砂糖や甘味料は使用していません。
大手メーカーから出される甘酒は、砂糖や甘味料漬けで麹が薄い商品が多いので、それらに比べると、非常に高品質です。

100gあたりの栄養成分表示は
熱量 101kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 0.2g
炭水化物 24.0g
食塩相当量 0g
でした。

バランスの取れた商品設計


1本200円程度でお買い物しやすい価格です。
200gの小さいパック容器で思わず手に取ってしまうことでしょう。

また量的にもちょうどよく、朝食の補助としてはばっちりです。
ダイエット中だったら、朝はこれ1本でもいいかもしれません。
実際、私もダイエット中はこの甘酒がお気に入りの一つでした。

ただ、何度見ても「朝麹」という言葉が馴染みません。
「甘酒とは違うものなのかな?」と最初は考えてしまいます。
朝に飲んでほしいというコンセプトはしっかりしているのだから、
普通に「朝の甘酒」「朝麹甘酒」などわかりやすい商品名でもいいんじゃないの?と思ったりしてます。

甘酒王子の辛口評価
成分
(4.0)
(4.0)
価格
(3.0)
総合評価
(3.5)

あなたの評価教えてください
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

甘口コメント書きましょう

甘酒協会
レビューの平均:  
 0 レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です