八海山 麹だけでつくったすっきりあまさけ 甘さひかえめを飲んでみた感想

メーカー八海醸造とは

すっかりおなじみとなった、八海山の麹だけでつくったあまさけ。
いまや甘酒ブームをけん引する人気商品のひとつです。
今回はそのあまさを抑えたバージョンをご紹介します。

メーカーの八海醸造は1922年(大正11年)の創業で、新潟の地酒を代表する銘柄『八海山』の酒蔵です。
新潟県内では、朝日酒造に次いで業界2位の大きな酒蔵として知られています。

この蔵は甘酒や清酒造りにとどまらず、醸造技術を生かした幅広い経営をしています。
例えば「魚沼の里」と呼ばれる大きな施設には、そば屋や甘味処、食堂や資料館などがある一大イベントスペースです。
休日ともなると、多くの観光客が訪れる観光スポットになっています。

また食品開発や、地ビールレストランの運営を通じて、地元を支える一大企業となっています。

その名の通り甘さはひかえめ


そんな八海醸造が造る「麹だけでつくったあまさけ」が大ヒットし、2019年から甘さを抑えた別バージョンのあまさけも登場しました。

ラベルからの引用
さらりとした飲み口とすっきりした後味で毎日継続しやすい味わいです。ノンアルコールですので、お子様や酒粕の香りが苦手な方にも季節を問わずお楽しみいただけます。

香りは全くありません。
酒粕特有のにおいが嫌いな方がいますが、全く問題なく味わえます。

味は商品のラベルに書いてある通り、さらりとした飲み口が特徴です。
たとえるなら、「澱が沈殿した後の甘酒の上澄み」です。

甘酒を置きっぱなしにすると、澱が沈殿して、薄い成分が上澄みとなります。
甘酒の味はしっかりあるものの、甘みが弱くなる部分が出現しますが、この甘酒はまさにそんな感じがしました。

しかし味の薄さや水っぽい印象は受けません。
しっかりした酸味があるので、飲みごたえがあるのです。

どうやったらこんな味が作れるのでしょうか。
使用しているお米の銘柄が気になるところです。

原材料は国産米の米麹だけです。
容量は118g
栄養成分は100gあたり
熱量 76kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 0.2g
炭水化物 17.8g(糖質17.6g 食物繊維0.2g)
食塩相当量0g

また精米歩合60%と表示しています。
日本酒では精米歩合を表示することが一般的ですが、甘酒ではあまり見ない表示法です。
さすが日本酒のメーカーらしいこだわりが出ていますね。

買いやすさと商品のポイント


118gという少容量なので、とにかく買い物籠に入れやすいです。
ヤクルト1本買うようなイメージです。
とはいえ、200円前後しますので、森永など超大手に比べるとやや高めの金額ですね。
ただ上記に述べたように、高い品質を考えれば、妥当な価格と言えるでしょう。
500mlパックくらいでお買い得感があれば、ヘビーユーザーにもなりかねない商品です。

甘酒王子の辛口評価
成分
(3.5)
(3.5)
価格
(3.0)
総合評価
(3.5)

あなたの評価教えてください
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

甘口コメント書きましょう

甘酒協会
レビューの平均:  
 0 レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です