きっかわの甘酒を飲んでみたレビュー

メーカーは鮭の加工で有名な食品会社


新潟県の村上市の食品会社です。
村上の鮭料理には千年の歴史があり、百種類もの鮭料理が今に伝えられています。
そしてその料理の特徴として発酵と熟成の力を使っています。

これらの鮭料理で培った技術力を甘酒に生かした商品です。

成分について


地元の米麹、もち米のみを使って造られた甘酒です。
ノンアルコールです。
成分表記がありませんでした。

味について


甘さが少なく、さっぱり飲める甘酒です。
米の粒が残っているんですが、この味がスカスカしていて、甘みを全く感じませんでした。
美味しい甘酒は、粒が自然に溶けていく感じがあるのですが、この粒は口に残ります。
口中に甘酒は無くなっているのに、むりくり齧って食べなければいけませんでした。
飲む前に攪拌をしたはずなのですが、粒の比重が重すぎるのか、すぐに沈殿してしまいます。
甘酒は飲み終わったときに、案の定、粒の塊だけが残っていました。
食べても味が無いし、いまいちだなぁ~という感想です。
値段も180mlで1本400円くらいで高いので、あまりおすすめはできないかもです。

甘酒王子の辛口評価
(1.5)
成分
(3.5)
価格
(2.0)
総合評価
(2.0)
あなたの評価教えてください
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

甘口コメント書きましょう

甘酒協会
レビューの平均:  
 1 レビュー
by ポンタネット on 甘酒協会

私は美味しいと思いましたけどね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です